元彼と復縁したい・・・

会社設立時に必要な印鑑

会社設立時には会社用の印鑑を準備する事が必要です。

手続き時に必要となる各書類に印鑑を押す事になる為、出来る限り早めに印鑑を作成する事が望ましいです。

会社設立時に必要となる印鑑は四種類に大別する事が出来ます。

一つは代表取締役の印鑑(代表印)です。

公的機関に提出する書類に押印します。

印鑑証明書の交付を受ける事によって印影の記載が行われます。

代表印は代表取締役が交代した時に変更するとは限らない為、代表取締役の氏名を入れる事は避けた方が無難です。こちらをクリックしてください会社設立 名古屋が良いと聞きました。


サイズに制限があります。

一つは銀行印です。

金融機関との取引時に使用します。

代表印を兼用する事も出来る物の紛失や破損を防止する為に代表印とは異なる印鑑を利用する事が望ましいです。

一つは社印です。

見積書や領収書あるいは請求書又は会社の認め印等に使用します。

角印と呼ばれる事もあります。

一つはゴム印です。

業務時におけるさまざまな書類に使用します。

縦書きタイプと横書きタイプや組み替える事が出来る仕様であると便利に使う事が出来ます。